■バトルロープ(トレーニングロープ)の回

うおりゃーーー!!

バトルロープ/トレーニングロープ/スイングロープ/ジムロープ、

いろいろな呼び方があるようだが、
もう既に名前がこわい。

なぜこの凶暴なメニューをやることになったのか。

いきさつは忘れたが、家ではできないジムならではのトレーニングということで、

張り切ってやってみた気がする。


今回は、そんなパーソナルトレーニングの中でも

息が上がる系ハードトレーニング、

バトルロープをやってみた。

■バトルロープとは

aya さんのクロスフィットトレーニングでもおなじみの

話題のバトルロープ。

ロープを叩きつけるだけなのに方法は数多くあり、

全身の筋トレと有酸素運動が楽しくできてしまうという優れもの。

踏ん張ったり飛び跳ねたりする下半身はもちろん、体幹も鍛えられ、 実際に縄を持つ上全身にも効いて、

てっとり早く鍛えられる魔法のロープエクササイズになっている。

■どんなトレーニング方法があるのか

バトルロープを 1 本だけ持って行う方法や U の字にして両手に持って行う方法。

また、小刻みに素早く動かしたり左右交互に動かしたり、

ステップしながら動かしたりしっかりと座りながら動かしたりと、

トレーニング方法は多岐に渡る。

共通して言えるのは、波打つように上手にフォームも意識しつつ行うということ。

■どんな効果が期待できるのか

重くて長いロープを波打たせるように動かし続けるため

肩・腕・背中・お腹、おしり、太腿、ととにかく全身に効かせられる。
2 本持ちの場合は左右のバランスを取るため体幹も鍛えられる。

有酸素運動で汗もかくし筋トレでガツンと鍛えられて

これを毎日やっていたら一瞬で痩せられるのではと思えるほどの万能トレーニング。

■さっそくバトルロープ(トレーニングロープ/スイングロープ/ジ ムロープ)にチャレンジ

▼ロープ・スラムという動きをやってみた

両手でしっかりとロープを握り、両腕を頭の上まで思いっきり上げて、

力一杯ロープを床に叩きつけるように腕を振り下ろす。

これを「ロープ・スラム」と言うらしい。

全身を使って連続で激しく上下にロープを動かす。

ずっと先の先まで波が届くように、

連続して波打たせなければならない。

20 秒全力で動き続けたあと、20 秒休憩し、
また 20 秒、という過酷トレーニングになっている。

このロープ、実際に持ってみると見た目以上に重く、

大きな波を描くように叩きつけるには相当大きく動かさなければならない。

………。果たして身長は関係ないのだろうか。

ここでもショートサイズをつい呪ってしまう。

より高い位置から振り落としたほうが可動域も広がる。

ということは、身長が高い人ずるくないか?

私がやるトレーニングの方がキツイ仕様になるのでは…。

心の中でそう思いつつ、

運動中はネガティブなことは吐かない精神を貫いているため

“負荷嬉しい~♪”とポジティブにしばく。

下半身のバネを使って飛び上がるように大きく動くのが正解なのだが、

意識しなくても飛び上がれてしまうくらいに大きなウェーブを作るというのは大変だ。

「すごい!強い!」

重くて長さもしっかりとあるバトルロープを

激しくうねらせて叩きつけることがどうやらできている私に対し

「強い!」と言う、女子として喜んでいいものかわからない褒めをくださった。

▼オルタネイトウェーブをやってみる

簡単に言うと右手と左手を交互に波打たせるように動かすトレーニングだ。

こうして、

こう!!

20 秒全力でしばき倒すということは

日常生活ではないだろう。

や、や、や、痩せちゃう。

次回は「有酸素運動の王様! エアロバイクでカロリー燃焼してみたよ。」←へ続く。

※このブログは、京王新線初台駅にあるパーソナルトレーニングジムに通う、

アラフォー女子の体験ブログです。

D‘s Box’n Fit は、 筋トレやマシンを利用した通常のパーソナルトレーニングに加え、 ボクシングやキックボクシングなど、様々な格闘技もできるジムです。 読みにくい名前ですが、「ディーズボックスンフィット」と読みます。 現役格闘家のトレーナーに教われるのにとてもフレンドリーで楽しく、 女性も通いやすい雰囲気です。
ダイエットにも GOOD。

初台のほかにも、新宿、西新宿五丁目、幡ヶ谷、笹塚などから近い位置に立地。 東京都心にあり、通うにも便利です♪