エアロバイクの回


「次、エアロバイク勝負しよう!絶対楽しいから♪♪!!」
「あー、うん。…そのうちね。」


なぜだか夫にしつこく誘われていたエアロバイク。
日頃から自転車に乗る私としては

あまりに身近な乗り物なためジムに来てまでやろうとは思えない。
しかも限られた時間のトレーニング。
あまり惹かれる要素がないメニューをどうして取り入れようか。
トレーナーさんによほど提案されない限り全くもってやろうとしていなかったのだが、
トレーナーさんでもないただの夫が、執拗にお誘いしてきた。

今回は、そんなエアロバイクの回です。

 



有酸素運動の代名詞、エアロバイクの効果

多くの皆さんがご存じであろうトレーニングマシン、エアロバイク。
使い方は見たまんま。
ひたすら漕いで、脂肪を燃やしまくるトレーニングになっている。

有酸素運動とはその名の通り酸素を取り入れながら行うため、
脂肪をエネルギーとして燃焼させる運動のこと。
脂肪燃焼効果のほかにも、代謝アップ、血行促進効果など、
美容や健康にも良い効果が期待できる。

軽めの負荷で長時間漕いだり

重めの負荷で追い込んだり、
音楽やテレビなど聴きながら漕いだり
はたまたハンドルでプッシュアップ(腕立て)をしながら漕いだり、
トレーニングの方法によって様々な効果が得られる。

やり方によっては手っ取り早く効果を得られる
脂肪燃焼効果が高く、カロリーの消費量も高いトレーニングマシンになっている。


つまり簡単に言うと、
痩せたい人にはもってこいのマシンなのだ。


■夫がエアロバイクをおすすめしてくる理由


痩せるには最適なトレーニングマシンとわかっていてもやりたくない私に
なぜこんなにも夫がおすすめしてくるのか。
答えはとても単純明快。
以前D’s Box’n Fitでエアロバイクトレーニングしたら、トレーナーさんがいい具合に煽ってくれてとても楽しかったというのだ。

(トレーナーさんのあおりがうまいのは私だってわかっているけれど…)


OKを出すまでトレーニングのたびにお誘いしてきそうなため
しかたない。やってみるか。

エアロバイクをやってみる

「長谷川さんは長時間やるよりも
短時間でぱっとやるほうがいいのでそれでいきましょう。」

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_4695.jpg

 
え、ありがたい。
「それは私の性格的にですか?それとも筋肉的にですか?」
すかさず聞いてみた。

「どっちもです。
気持ち的にもカラダ(筋肉)的にも短時間のほうがむいているので
むいている方法でトレーニングするのが苦手意識もないので楽しくできると思います。」

なるほど。その通りだと思う。それで行きましょう。

「まずは1分間軽めに漕いでみましょう♪」

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 3-9-1024x577.jpg

 
シャカシャカー。
「いいですねいいですねー♪」

以前、会社までの片道約7㎞を25分間で漕いでいた私。
往復で14㎞。毎日約50分。
アップダウンのある都内の道を、
はやりのロードバイクでもなく
しっかりとアスファルトをキャッチするタイプのマウンテンバイクで漕いでいたのだから
タイムはともかく大腿四頭筋の発達にはそこそこ自信がある。

もっとさかのぼれば、高校時代は山の上の高校までチャリ通だった。
あの傾斜で鍛えられた足!アラフォーというハンデがあろうとけっこういけるのではないだろうか。

夫「時速25㎞より落ちちゃいけないんだよ♪」
私の漕いでいるエアロバイクのメーターをのぞくトレーナーさん。
「あ、今24㎞ですね(笑)」


え?!初めて聞いたけど。
なるほど。こういったぷちルールに乗っ取った“煽り”が夫の心をキャッチしたのか。
私「今26㎞ですっ!(笑)」

次は本番。短時間全速力で漕ぐ。


■30秒全速力で漕ぐ

「5,4,3,2,1スタートです!」
しゃかしゃかしゃかしゃかしゃかしゃかーーー

「全速力です!全速力です!全速力です!!」

奥にいたトレーナー「はやいですねー!!ナイスー!」
手前のトレーナー「10秒経過です」
奥トレ 「落とさないように落とさないようにっ!いいですねー!速い速い速い!」
手前トレ「いいですねー!速い速い!9,8,7…」
奥トレ 「すごい!めちゃめちゃ速く漕げてます!!」
手前トレ「…3,2,1…止まるときゆっくりゆっくりすぐに止めないで」
奥トレ 「ナイスですー(にこ)」

30秒で230mの距離を漕ぎ、最高速度43㎞だった。
速いのかなんなのかわからないまま終わったが
トレーナーさんたちは「速い」と言ってくださった。

私は後半ずっと、
手を置く位置をハンドル奥にしたほうが
スピード出たのではないのかと気になってしかたなかった。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 5-6-1024x562.jpg

(この位置だったな、と終わってからべスポジを確かめる私)


30秒猛ダッシュ2セット目

「10秒前です。…5,4,3,2,1,GOです!」

みんな 「ぉおおおーーーナイススピードっ!」
手前トレ「もっといける!もっといける!もっといけるー!!」
奥トレ 「速いっ!」

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 6-7-1024x573.jpg

 (いい言葉ばかり吐いてくれる)

奥トレ 「落ちてないです!ナイススピードっ!」
手前トレ「…6,5,4,3,2,1…ゆっくり止まりまーす」


 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7-7-1024x555.jpg

ぜーはーぜーはー

奥トレ 「すごいな」

ぼそっと聞こえないくらいに言った奥トレ(橋本トレーナー)の
「すごいな」を聞き逃さなかった。
嬉しい。嬉しすぎる。
どうやら私は凄いらしい。

しかしながら、メーターに記録された最高速度は39.6㎞だった。
2回目のほうが立ち漕ぎメインで頑張ったのに1回目よりも下回るとは。
正直、立ち漕ぎキツイ…。おとなしく座って漕げばよかったと後悔した。

エアロバイク…、おもしろいな。

さいごはチーム戦(私&窪田トレーナーVS夫)

エアロバイクが面白いため、
チーム戦でも楽しんだ。

2分間でどれだけ漕げるかの対戦。
私と窪田トレーナーのコンビと、夫ひとりの2チーム。

先攻は私と窪田トレーナー。
後攻の方が圧倒的有利になるが、ひとりで頑張るためそこは譲歩してあげよう。
さらに夫にはプラス15秒というハンデを与えてスタート。
まずは私からスタート。
 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 8-6-1024x567.jpg

前傾姿勢で最初から飛ばす。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 9-6-1-1024x569.jpg

 ぜー。はー。
なんだろう。もしかしてこの前傾姿勢、私にはむいていないのかも。
橋本聖子さんのように安定したスピードを保ちたいのだが、すごくすごく疲れる!
マスクも…ぜー…してるし…はー…
つ、つら…くない!ネガティブ発言は絶対しない!けどつら…くないっ!

45秒漕いでから窪田トレーナーにチェンジ。
「チェンジのロスをどれだけ短縮するかが勝利の鍵ですっ!」
 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 10-4-1024x558.jpg

「急げ急げっ(笑)」

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 11-3-1024x575.jpg

バビューーーーーーーーーーン!!!!!!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 12-3-1024x569.jpg

はっはやっ!!
足のシャカシャカが速すぎて右足なのか左足なのか、もはや一本にすら見えるっ!
田所のような見た目で今泉のようなクールさ、そしてスピードは鳴子級!

30秒窪田トレーナーが猛スピードでひとり弱虫ペダルをしたあと、
また自称橋本聖子さんへとチェンジした。
30秒では息を整え切れていなかった自称聖子は

チェンジするのに10秒ロス。
正直急ぐ気になれないほどにダメージを受けていた。
 

それでもこの前傾姿勢と髪の振り乱し具合により、
エフェクトなしバージョンの窪田トレーナーの写真よりもすさまじい勢いにも見えるから不思議だ。
 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 14-3-1024x576.jpg

窪田トレーナーは、上半身がしっかりと固定されたまま
足だけが異常な速度を誇っていたため、
写真にすると動きがないように見えてしまう、
そういったからくりになっていうようだった。

残り30秒。
へろ。へろ。
「がんばれがんばれーラスト10秒―!」
終了。

「817mかぁ…。」とトレーナーがつぶやいたのを聞き逃さなかった。

思った以上に行っていなかったようだ。

私が、途中止まっているようにも見えるスピードをたたき出したから…。
私&窪田トレーナーの距離!817m。

次は夫の番だ。
スタート!

2分15秒ひとりで漕ぎ続けるため、
よゆうです作戦で平然と漕ぎはじめる。

 なんだか本当によゆうそう。
時速22㎞くらいを保ちながら、
まるでふつうに景色を楽しんでいるかのようにも見える漕ぎっぷり。

後半。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 16-3-1024x568.jpg

ちゃんと振り絞って…。
終了!

855m。
負けたっ!
しかも15秒のハンデがなくてもギリギリ夫が勝っていた。

敗因。立ち漕ぎつらい。
あと足が短い。


痩せちゃう。



■D’s Box’n Fit(ディーズボックスンフィット)でエアロバイクをしたら…



めちゃめちゃ楽しかった。
トレーニング前の私は「自転車はしょちゅう乗ってるし」と
エアロバイク自体を否定気味だった。
しかし実際にD’s Box’n Fitでトレーニングをしてみると
「いいですねー」とか「速いです」とか「すごいな(ぼそっ)」とか
言われたい言葉を多発してくれ、とても気分がよかった。

さらにおもしろゲームを繰り広げてくれ、
飽きずに楽しめる時間となった。

しかもこのトレーニング、有酸素運動特有の脂肪燃焼も期待でき、
さらには短時間で追い込むため効率よく痩せれる効果が期待できる。

他にも面白いトレーニングメニューが多数あるため
毎回とはいかないかもしれないが、
今後はちょこちょこエアロバイクも取り入れていこうと思う。

次回は!「チキチキ ボックスジャンプ選手権にチャレンジしてみたよ。」←へ続く。

※このブログは、京王新線初台駅にあるパーソナルトレーニングジムに通う、
アラフォー女子の体験ブログです。

D‘s Box’n Fitは、
筋トレやマシンを利用した通常のパーソナルトレーニングに加え、
ボクシングやキックボクシングなど、様々な格闘技もできるジムです。
読みにくい名前ですが、「ディーズボックスンフィット」と読みます。
現役格闘家のトレーナーに教われるのにとてもフレンドリーで楽しく、
女性も通いやすい雰囲気です。
ダイエットにもGOOD。

初台のほかにも、新宿、西新宿五丁目、幡ヶ谷、笹塚などから近い位置に立地。
東京都心にあり、通うにも便利です♪